媚薬の噂あれこれ

媚薬と聞くと様々な妄想を膨らました経験はあるはず。媚薬はほんとうに効果があるのか?気になる副作用は?媚薬についての様々な疑問や情報をお話しますので、通販などで購入する際の参考にして頂ければ幸いです。

製薬メーカーが提供している媚薬でも健康保険外の理由

1998年にアメリカの製薬メーカーが販売を開始したバイアグラは、ごく短期間のうちに爆発的な注目を集めることになり、世界中で一大ブームを巻き起こすことになります。これは、勃起の妨げとなっているPDE-5の酵素活性を阻害することにより、男性性器周辺への血流量が増加するという仕組みです。これにより、服用後一時間程度でLibidoをきっかけとして勃起可能な状態となります。

日本ではアメリカで販売開始してから半年程度で、臨床試験を実施することなく厚生労働省が承認しており、ED外来を設置している医療機関で購入することが出来ます。経口避妊薬の認可申請とは対照的なスピード審査に一部からは疑義を呈する意見もありましたが、勃起不全が改善されるということは男性のみならず女性にもメリットが得られるということが背景と考えられます。特に、夫婦という関係であれば、この影響は特に顕著です。

なお、これに対してバイアグラと同じsildenafiを主成分としているlovegraは、現在でも厚生労働省からは承認されていないので、日本のクリニックでは取り扱いは行われていません。このために、入手するためには個人輸入代行業者を利用するという方法が主流となります。

同じ主成分が配合されているにも関わらず医薬品として承認されない理由は、lovegraは不感症や性機能障害を改善することを目的としており、女性向けの媚薬の様に作用するからです。これは、バイアグラが勃起不全という明らかな不調を解消することを目的としているのとは対照的で、快楽目的と認識されていることが承認されない理由と推測されます。ちなみに、バイアグラが対象としているEDも疾患とは認識されていないので、医療機関で処方されていますが健康保険が適用されることはありません。